近年、機能性成分の研究が盛んに行われ、特に腸内環境を改善する乳酸菌などプロバイオティクスと呼ばれる成分や、オリゴ糖などプレバイオティクスと呼ばれる成分を用いた食品が、特定保健用食品として数多く流通するようになりました。
それに加えて、乳酸菌生産物質など
バイオジェニックスと呼ばれる成分の研究開発も盛んになっています。
乳酸菌生産物質は有機酸、ペプチド、アミノ酸など菌体分泌物質のみならず、細胞成分も含まれ、菌体乾燥物が濃縮されており、プロバイオティクス比較して
乳酸球菌を多く摂取できるなど多彩な利点を有しています。
有効性に関するデータも豊富で、さまざまな生活習慣病に対応できる素材として大いに期待されます。



プロバイオティクス: 生きた状態で摂取すると腸内の有用菌増殖をうながしたり、悪玉菌の増殖を抑えたりして、健康に有利に働く微生物。乳酸菌、酵母がこれにあたる。
シンバイオティクス: プロバイオティクスとプレバイオティクスを混合したもの。
プレバイオティクス: 消化されにくい食品成分。摂取すると大腸に棲んでいるビフィズス菌の増殖を促して腸内を改善し、その結果、健康に有利に働く。オリゴ糖など。
バイオジェニックス 直接または腸内フローラを介して生体に働きかける食品成分。摂取すると直接免疫機能を高めたり、コレステロールや血圧、血糖を下げたり、抗酸化作用によって、がんや老化を予防する。乳酸菌菌体制分がこれにあたる
ファイトケミカル: 植物が紫外線の害などから自らを守るためにつくり出した物質。主に植物の色素や香り成分などに含まれており、リコピン、アントシアニン、カテキン、ルティンなどさまざまな種類がある。


※当ホームページのリンクならびに内容の転載は一切ご遠慮いただいております。
 ご了承いただきたくお願い申し上げます。
Copyright(C) 2007BRMSLIFE all rights reserved.